バナー

2種類のコーヒーマシンを併用すればさらにお得

販売されているコーヒーマシンは大きく分けて2つあります。1つは、自分で引いたコーヒー豆や市販のコーヒー豆を投入し、設置口に固定、その後スタートさせると自動的に抽出しサーバーやマグカップに注いでくれるものと、コーヒーカプセルを設置しボタンを押すだけで抽出できるものです。

いずれも、コーヒー豆に熱湯を注ぎながら強い圧力をかけ、細かい気泡のある泡を生み出します。



細かく抽出することで香りと風味を最大限に引き出すので、その風味はあえて触れるまでもないでしょう。

既存のコーヒーマシンとエスプレッソマシーンの違いは大別して2つあります。


1つは専用豆の有無、2つは掃除方法です。
既存のコーヒーマシンは、市販されている袋入りのコーヒー豆から自分自身が引いいたコーヒー豆や、あるいはインスタントコーヒーを使うこともできます。

一方、新しく登場しているカプセル型のエスプレッソマシーンは、メーカーごとに専用となっているカプセルを使用しなければなりません。

そのため、既存のマシンは安価に質の高いコーヒーを楽しめます。

対するエスプレッソマシーンは、専用カプセルに高品質のコーヒー豆を採用しているので風味は既存マシーン以上ですが、メーカー専用のため1杯あたりの価格が高くなっています。


2つ目は掃除方法にあります。既存のマシーンは1杯ごとにフィルターやサーバーの掃除が必要ですが、エスプレッソマシーンは掃除の手間を大きく省けます。
溜まったカプセル容器は本体のBOXに保管、ある程度貯まったら簡単に捨てらるので、職場で採用されることが増ています。

コーヒーマシンの情報なら当サイトにお任せ下さい。

普段使いには1杯あたりの価格が安価な既存のコーヒーマシンを、特別な日や気分転換した時、来客があった時にはエスプレッソマシーンという風に併用することでも価格も抑えられます。

ロケットニュース24の情報ならこちらにお任せ下さい。